新着情報

ブログ

保険の入れ歯の値段および自費の入れ歯のメリットについて詳しく解説!

失った歯を補う治療には「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」があります。このうち、保険が適用できるのはブリッジと入れ歯です。
ブリッジは対応できる歯の本数に限りがありますが、入れ歯は1本~すべての歯まで対応できます。入れ歯は適応範囲が広い治療です。ただし、保険の入れ歯にはデメリットも存在します。

入れ歯の良さ

近年、インプラント治療が人気となり、入れ歯に対して「噛めない」「外れる」などのイメージを持つ方が増えてきています。しかし、入れ歯はインプラントにはない、入れ歯ならではのメリットもあります。

入れ歯のメリット

保険を適用でき、比較的安い値段で歯を補える

入れ歯は保険を適用して治療を受けられます。1本の部分入れ歯から片顎(両顎)の歯すべてをカバーする総入れ歯まで、保険の入れ歯の値段は「約1,200~9,000円(※)」程度です。
(※)3割負担の値段です。補う歯の本数や保険の自己負担割合によって値段が異なります。

手術をする必要がなく、治療の安全性が高い

入れ歯は金具を歯にかけたり、歯ぐきやあごの粘膜で入れ歯を支えたりして使用します。インプラントのような外科手術は行いません。歯ぐきの切開などを行わないため感染症にもなりにくく、治療の安全性が高いです。

管理しやすい

インプラントやブリッジはご自身では取り外せません。メンテナンスは歯科医院で行う必要があります。入れ歯はご自身で取り外して毎日洗うことができ、管理しやすいです。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯の素材や美しさ、機能面に差があります

保険の入れ歯で使用できる素材はレジン(プラスチック樹脂)のみとなります。自費の入れ歯はレジンのほか、チタンやコバルトクロム(金属)、ポリアミド(ポリマー)、セラミック(陶器)、など、美しさや自然さ、機能性に優れた素材を自由に選択できます。

フィット感や使い心地が違います

保険の入れ歯は、ずれたり外れたりすることが少なくありません。また、あごの粘膜を覆う部分(床:しょう)が厚くできているため、食べ物の味や温度を感じにくい面もあります。一方、自費の入れ歯は金具を使わないノンクラスプデンチャーをはじめ、フィット感や使い心地に優れています。自費の金属床義歯は床部分が薄い金属でできており、食べ物の味や温度を感じやすい点がメリットです。

治療時間と作製工程が異なります

保険の入れ歯は必要最低限の機能しかありません。また保険診療のため、治療にかけられる時間と作製工程には限りがあります。
対して、自費の入れ歯は治療時間や作製工程に制限がありません。患者様の歯並びやあごの形にフィットするまで何度でも調整を行い、時間と手間をかけて入れ歯を作製できます。

保険と自費のメリット・デメリット

  • 保険の入れ歯のメリット

    • 保険を適用でき、比較的安価に歯を補える
    • レジンでできているため、修理や調整がしやすい
    • 比較的早く入れ歯を作製できる(2週間~1か月程度で作製可能)
  • 保険の入れ歯のデメリット

    • レジンのため、歯や歯ぐきが不自然に見えやすい
    • 耐久性を高めるために厚く作られており、食べ物の味や温度を感じにくい
    • 厚く作られているため、舌が動かしにくく発音しにくい
    • 使用中の違和感が強く、噛むときに痛みを感じることがある
    • ずれたり外れたりすることがある
  • 自費の入れ歯のメリット

    • 患者様のお口の形に合わせてオーダーメイドで入れ歯を作製できる
    • フィット感が高く、違和感が少ない
    • 薄く作られており、食べ物の味や温度を感じやすい(金属床義歯など)
    • 保険の入れ歯と比べ、歯や歯ぐきになじんだ自然な見た目になる(ノンクラスプデンチャーなど)
    • 保険の入れ歯と比べ、ずれたり外れたりすることが少ない
  • 自費の入れ歯のデメリット

    • 保険が利かないため、費用が高い

自費の入れ歯はなぜ費用と時間がかかるのか

自費の入れ歯は保険が利きません。入れ歯の種類や適用範囲によって値段は異なりますが、約15~80万円程度かかります。治療期間や入れ歯ができあがるまでの期間も、保険の入れ歯より自費の入れ歯の方が長くかかることが多いです。

美しさやフィット感、耐久性に優れた素材を使用します

自費の入れ歯は人工歯の部分にセラミックなどの素材を使用します。セラミックは保険の入れ歯で使われるレジンと比べ、より自然で美しい歯を再現できます。歯ぐきやあごの粘膜にあたる床部分も自費の入れ歯はポリアミドなどのフィット感に優れた素材や、チタンやコバルトクロムなどの耐久性の高い素材を使用します。これらの素材は保険のレジンと比べて素材そのものの値段が高いため、自費の入れ歯は保険の入れ歯と比べて高くなるのです。

患者様が納得行くまでフィッティングと調整を行います

保険の入れ歯と比べ、自費の入れ歯は治療や作製工程に多くの時間をかけます。自費の入れ歯は患者様が納得いくまで、フィッティングと調整を何度も行います。治療や作製工程に多くの時間をかけることで、装着時の安定感や使い心地に優れた自費の入れ歯ができあがります。

当院がおすすめするノンクラスプデンチャー

保険の入れ歯は、残っている歯に金具をかけて使用します。歯にかける金具のことをクラスプと呼びます。
当院では、自費の入れ歯ですが、歯にかける金具がない「ノンクラスプデンチャー」を取り扱っています。ノンクラスプデンチャーは金具がないため目立ちにくく、しなやかでフィット感に優れている点が特徴です。金属を使用していないため、金属アレルギーの方にもおすすめです。

当院で取り扱うノンクラスプデンチャー

タム(TUM)デンチャー

大部分に樹脂を使用し、金属部分を可能な限り小さくした新しいタイプのノンメタルクラスプデンチャーです。ほとんどの部分が軽量かつ丈夫な樹脂のため、一般的なノンメタルクラスプデンチャーよりも高いフィット感があり、金属部分が小さいため、入れ歯が目立ちにくく、審美性にも優れているのが特長です。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャーは柔軟性があり耐久性の高い素材で作られたノンクラスプデンチャーです。入れ歯の床部分が薄く、装着時の違和感が少ない点が特徴です。素材の透明感が高いため歯ぐきとなじみやすく、口元が綺麗に見える効果を期待できます。

まとめ

保険の入れ歯と比べ、自費の入れ歯はフィット感や使い心地、美しさや耐久性に優れています。保険の入れ歯は保険を適用できるため、比較的安く治療を受けられる点がメリットです。
保険の入れ歯と自費の入れ歯、どちらにするかで迷われたときは、以下の点をご参考に選ぶことをおすすめします。

  • 保険の入れ歯:値段を重視(比較的安く歯を補える)
  • 自費の入れ歯:フィット感や使い心地、美しさ、耐久性を重視

歯のお困りごとや入れ歯のお悩み、入れ歯治療についてのご質問がある方は、当院までお気軽にご相談ください。歯科医師がお口の状態を確認し、それぞれの患者様に適した入れ歯をご提案させていただきます。