インプラント治療

インプラント治療とは

人は永久歯を失うと、二度と歯は再生しません。
不幸にも歯の喪失により咬むことができなくなった場合、入れ歯や差し歯に代わる治療法として開発された新しい治療法がインプラントです。
インプラントによって自然で、より美しい歯を取り戻し、おいしく食べることが出来ます。

インプラントの構造

インプラントは、失われた歯の部分に、人工的なチタン性の根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療方法です。

基本的な構造としては、歯肉の中に埋め込む人工歯根の部分であるフィクスチャー(人工歯根)、上にかぶせる人口歯の部分である上部構造、 その二つを連結するアバットメントの三つの部位で出来ていて、天然の歯に近い構造になっています。

従来の治療法
(入れ歯・ブリッジ)
との比較

インプラント

■メリット

  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる
  • 天然歯(自分の歯)と同じようにきれいで美しい
  • 残った歯への影響が少ない

■デメリット

  • 手術が必要
  • 比較したとき治療費が高い。
  • 骨への定着期間を入れると治療期間が長い

入れ歯

■メリット

  • 比較的治療が簡単で短期間
  • 保険適用の入れ歯なら治療費が安い

■デメリット

  • 噛み心地が悪く、硬いものを食べにくい場合が多い
  • 食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい
  • ガタつきがあり違和感を感じる
  • 留め金が見えて見た目がよくない

ブリッジ

■メリット

  • 固定式なのであまり違和感がない
  • 治療が短期間

■デメリット

  • 両隣の健康な歯を削らなければならない
  • 支えになる歯に大きな力の負担がかかる
  • ブリッジと歯肉との間に、食べ物のカスがつまりやすい

インプラント治療には
歯科用CTが必要不可欠

歯科用CTがインプラント治療には欠かせない理由

多くの歯科医院ではインプラント手術において、パノラマレントゲン撮影のみで、歯科医師の経験や勘に頼った手術を行っていることがあります。
パノラマレントゲンは全顎的な審査を行うためにはとても有効ですが、インプラント手術の術前検査としては完璧なものではありません。インプラント治療の場合、骨にインプラントを埋め込むのですが、 このインプラントをしっかりと骨に固定をするためには、骨の立体的な形状をどれだけ正確に把握できるか?また、インプラントを埋入する位置が正確か?がポイントとなります。

インプラント手術においてCT撮影は必須です。CT撮影を行うか否かも医院を選ぶうえでの判断材料にしていただければと思います。

正確なデータに基づいた当院のインプラント治療

当院でインプラントを行う際にはCTでの撮影を行い、3次元のデジタル画像で骨の状態や神経の通り道である神経管の位置等を把握した上で、綿密な治療計画を立てます。
実際の手術においてはサージカルガイドを使用し、安全確実なオペをいたします。

  • CTスキャン

    当院でスピーディーに行えます

  • 3次元画像診断

    綿密な治療計画が立てられます

  • サージカルガイド

    安全確実なオペが可能

インプラント料金

インプラント治療 1歯 350,000円(税別)
診断料(CT撮影など) 30,000円(税別)