入れ歯(義歯)治療

入れ歯(義歯)治療とは

健康的で充実した毎日を送るためには、「物をよく噛む」ことがとても重要になります。そのため当院では、保険内・保険外に関わらず、患者さまのご要望に合った、よく噛める入れ歯をお作りすることを第一に治療を行っています。
入れ歯には保険が適用される入れ歯と保険適用外の入れ歯があり、その特徴も様々です。ご希望をよく伺ったうえで、快適に使用できる入れ歯をお作りします。

保険の入れ歯について

保険が適用できる診療では、レジンと呼ばれるプラスチックを土台にした入れ歯を使うことになります。クラスプと言う金属のバネにより、周囲の歯に入れ歯を固定するタイプです。
土台をレジンで製作するため、厚みがあり違和感が出ることもありますが、できるだけ薄く仕上げ密着感が出るようにいたします。
長期間、部分入れ歯を使用していくためには、バネをかける歯の治療・ケアを継続的に行うことが必要になります。

自費の入れ歯について

スマイルデンチャー(ノンクラスプデンチャー)

「スマイルデンチャー」は、部分入れ歯の金属の色を歯茎と同じにすることで目立たなくした入れ歯です。
部分入れ歯ですので、残っている別の歯に金属のフックをかけて固定することになりますが、このフックの部分が違和感のない色合いになっています。
笑った際などにはこの部分が見えることがありますが、スマイルデンチャーを使用することで気にせず笑顔になることができます。

料金 150,000円~400,000円(税別)

インプラントオーバーデンチャー

「インプラントオーバーデンチャー」は、総入れ歯の内面に維持装置を埋め込むことで、入れ歯とインプラントを固定する方法です。骨の検査などを行い、丁寧に説明をさせていただきます。
長く入れ歯を使用することで歯茎の骨が後退してしまった方、今後長く入れ歯を使用する方などは、一度ご検討ください。

料金 250,000円~400,000円(税別)

金属床義歯

「金属床義歯」これは歯茎に触れる部分が金属でできている入れ歯のことです。金属であれば温度を伝えやすいため、食事の際、食べ物の温度が分かりやすく、おいしく食べられるようになります。
部分入れ歯であれば、残っている歯にバネをかけることになります。しかし金属床であれば丈夫でたわみにくいため、バネをかけた歯の負担を小さくすることができます。

料金 250,000円~400,000円(税別)