アクセスマップ 寝屋川市池田本町22-5
診療時間
自動体外式除細動器 設置施設 当院ではAED(自動体外式除細動器)を装備しております。
アメリカ心臓協会認定のBLSプロバイダーも取得しており、緊急時の対応には十分なトレーニングをつんでおります。
blog
facebook
口腔外科

親知らずは、必ずしも抜く必要はありませんが、親知らずによって痛んだり、腫れたり、大きな虫歯になったり、また歯並びに影響を及ぼす場合などは抜歯をした方が良いこともあります。

親知らずが身体に及ぼす影響 むし歯や歯周病の原因となる

斜めに生えていたり重なって生えていたりしている親知らずは、歯ブラシがその部分まで行き届かないため、適切な歯みがきが行えません。
そのため、親知らずの歯自体はもちろん、その手前の歯も巻き込んで、虫歯にかかってしまうことが多いのです。また食べかすがたまり歯周病にもなりやすくなります。

歯並びが悪くなる

親知らずが隣の7歯を押すため、そのままの状態が長く続くと、他の歯の歯並びが悪くなる可能性が高くなります。
しかも、これは隣の歯に限ったことではなく、前歯などにまで力の影響が及ぶ場合もあります。
また、顎関節症など顎の痛みの原因になる場合もあります。

炎症や腫れることがある

親知らずの周囲に汚れがたまって炎症を起こし、激しい痛みと腫れが出ることがあります。
一度消炎処置とお薬で症状が治まっても、かならずまた再発するので、何度も繰り返し痛みを伴う可能性があります。

親知らずの抜歯について
まっすぐ垂直に生えている親知らずの場合、抜歯も比較的簡単にできますが、腫れることも少ないため、抜歯する必要がないこともあります。
前の歯との間に汚れがたまり虫歯になりやすく、痛みや腫れることも多い親知らず。
抜歯の際は歯肉を切ったり、骨を削る必要がある場合もあります。抜歯後は強い痛みがでたり、大きく腫れることもあります。
親知らずが完全に横になって隠れている状態。
抜歯は垂直型や斜め型と比較すると大変になります。痛みや腫れが全くおきず、完全に歯肉に埋まっているため、親知らずがあることに気付かない人も多くいます。
〒572-0030 大阪府寝屋川市池田本町22-5 TEL.072-830-6480
Copyright (c) 2013 Hinata Dental Clinic. All Rights reserved.